不動産を売りたい 売却相談は (有)住ステーション浦和へ

住まいを買換えたい、不動産を売りたい、いくらで売れる? 売り買いをスムーズにするにはどうしたらよいか? どの不動産会社に相談しようか迷っているが・・・ 最も大きな資産である不動産の取引ができるよう、安全安心にサポートします

2011年08月

不動産を売る時の会社選びのポイント②

会社選びの重要なポイント続き

 
②すぐに買主様を探す努力をしてくれる会社か

大切な財産の販売を依頼したけれど、なかなか見学者があらわれない、
価格を下げるようにばかり言われる、担当者からの報告がないので不安だ

予定していた金額以下だと困ることになりそう・・・

依頼してから時間が経つと本当に売れるだろうかと誰でも不安になります。

売却の依頼方法は3種類あります

売りにシステムを知る

専属専任媒介
専任媒介
一般媒介

専属専任媒介と専任媒介は1つの会社だけに依頼するので
国土交通大臣指定不動産流通機構』に情報を登録することを義務付けられています。


自分の会社の買い客だけで決めようとすると、時間がかかる場合がありますが、

他社へも迅速に宣伝活動をすることで、買い客を広く、早く探すことができます。

あなたの不動産を買ってくれるかもしれない買主様は、
色々な不動産会社に物件探しを依頼しています。

会社の大小、名前だけでなく、本当に売主様のために働いてくれそうか
宣伝は迅速にしてもらえるか、よく聞いて判断することが大事です。

不動産を売る時の会社選び①地元に詳しいか

2011/08/15 15:22:52
不動産を売りたい皆様へ : 不動産を売る時の会社選び①地元に詳しいか http://t.co/zj5WcbT
大切な不動産を売る時、個人の方が一般に売り出したり
ネットを通じたりして、直に売るケースは日本ではほとんど見かけません。

身内や知人との取引や、
不動産取引に詳しい相手に売る場合は別として
必ず不動産会社に依頼をします。

どの会社に依頼するかで、かなり価格、スピード、安全性に差が出てきます。

会社選びの3つのポイント

①地元に詳しいか 

②すぐに買主様を探す努力をしてくれる会社か

自社内で買主を無理に探そうとすると(両手取引)、販売に時間がかかることが多い
成約に向けて早く広く他社にも紹介しているか

③売主の立場で親身に働いてくれるか

今回は①の地元に詳しいかについて考えてみましょう。
理由は簡単です。
いくらネットの時代になっても、不動産は動きません。パソコンの情報はほんの少しです。
現地に立って初めて、豊富な情報を得ることができるのです。

地元に詳しい会社であれば、すぐに現場に立つこともでき、
豊富な情報に基づいて査定をし、現実的な価格を提案できます。

もちろん地元の買い客の情報も持っているでしょうから、その意向も把握しているはずです。

環境、学校、地盤、地域の特徴等など、地域に密着し、地域を愛し、
何よりも、すぐ不動産の現場に駆け付けることができる地元の会社が安心です。

地元といってもたくさん会社があれば、どこに依頼すればいいか。
◆名の知れた大手、ブランド力のある支店がいいか?
◆小さいけれど、地元に密着した、臨機応変に対応できそうな会社がいいか?

不動産を売る時の仕事内容は決まっています。yajirusi

この過程で、宅地建物取引主任者の資格を持った営業マンが必要な項目をこなし、
買主様への所有権移転登記が完了すれば終了です。

主任者は、どの会社にも必ず設置されており、
取引を安全に行うための教育を受けています。

次回②に続きます。








 




不動産の簡易査定は自分でできる

不動産を売りたい方、
今はネット時代、まずは、簡易査定依頼は自分でして見ましょう。

売りたい価格≒買いたい価格 

なので
現在売り出し中の近隣の物件と
さいたま市売り出し物件一覧

ご自身の物件を比較して
地図からさがす で場所の確認

おおよその価格の検討をつけてみましょう。

とりわけ道路への接道はどうなっているのか、向きはどうか
公道か私道か、私道なら持分はあるか、
本下水か浄化槽か、都市ガス化プロパンか

買う側の立場で考えてみる事も大切です。
地価公示、路線価、基準地価なども参考にしてみましょう。

不動産を売りたい方へ

そして、ローンは残っているか、資金計画は?
ざっくりと見えてきたら当社に相談してください。

当社は安易な価格査定は致しません。

売りたい方の客観的、主観的状況、事情を踏まえたうえで、
売却のご相談をお受けしています。
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ