自宅を売りたい・・・ちょっとまって 

何社もの不動産会社にまる投げする前に、
まずは、自分で予習しておきましょう。自己査定の一部です。

特に土地の査定は、
接している道路に左右されるといっても過言ではありません。

ここでいう道路とは

単に通行の用に供されているというような道ではなく
建築基準法(昭和25年第3章の規定における道路で、
以下のいづれかに該当する幅員4m(又は6m以上)のものを指します。
   ( )内は通称・関連した言葉です

①第42条第1項第1号道路   (国道・県道・市道)
②第42条第1項第2号道路   (開発道路)
③第42条第1項第3号道路   (既存道路)
④第42条第1項第4号道路   (計画道路)
⑤第42条第1項第5号道路   (位置指定道路)
⑥第42条第2項道路       (2項道路・みなし道路)

他に
43条第1項但し書き道路(事情によって許可される場合有り)

そして、前面の道路の種類、現状がどうなっているかで、
査定価格が大きく変わってきます。

ご自身の土地の前面の道路は、どうなっていますか?
所有者はだれですか? まずはここから

大事な財産のことです。

自身で分かることは前もって心得ておくとよいでしょう。
こんなはずではないと思う事のないように。

道路の種類  見やすい自治体のHPから

さいたま市建築基準法上の道路



◆◆さいたま市の不動産は、㈲住ステーション浦和へ◆◆